« 騒ぎすぎる報道の是非~若手棋士と女性元アナウンサーの死 | トップページ | 古今集のバラ »

2017年6月25日 (日)

マスコミの役割は権力チェック

いつの時代も、権力は腐敗する。権力者は、そのつもりでなくても、権力の持つ力を頼ってくる輩が、巧妙に近づいてくる。それを客観的に常にチェックするのがマスコミの役割だ。それができなければ、マスコミの役割を放棄したに等しい(*注)。

つまりマスコミは、常に権力と戦う姿勢が求められる。よって権力を怖れるようでは何もできない。安倍政権になって、日本のマスコミは委縮していると海外からも指摘されるほど情けない状況にある。

もちろん、重箱の隅をつつくような報道は、ほどほどにする必要もある。ただ、それも政治姿勢に関わるのであれば遠慮する必要もない。逆に言えば、権力者も、マスコミにチェックされて姿勢を正すこともできる。

権力側は、うるさいと感じるマスコミでも、敬遠しないことだ。彼らの後ろには国民がいることを忘れてはならない。

*注

権力チェックできない典型的な新聞が「産経新聞」。最早どうしようもない。既にマスコミの役割を放棄している。それに次いで、「読売新聞」が政権に取り込まれて後追いしている。大新聞と言われて久しいが情けない。

またNHKの政治部も、官邸に近づきすぎて、物が言えない状態になっているようだ。情けない。そもそも政治家に近づいて情報を取ろうとする態度がマスコミ人として如何なものか。上記の新聞社に限らず、政治部記者は、危うい存在だ。政治家と、いかに距離を保つかが問われる。

|

« 騒ぎすぎる報道の是非~若手棋士と女性元アナウンサーの死 | トップページ | 古今集のバラ »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65455039

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの役割は権力チェック:

« 騒ぎすぎる報道の是非~若手棋士と女性元アナウンサーの死 | トップページ | 古今集のバラ »