« 映画『追想』を観る | トップページ | 未だにかかってくる非通知電話 »

2017年6月20日 (火)

映画『太陽が知っている』を観る

少し前だが、アラン・ドロンが引退を表明した。甘いマスクで一世を風靡した彼も、今は結構なお年。止むを得ないだろう。彼の作品では、『太陽がいっぱい』が有名だが、今回は、『太陽が知っている』を鑑賞した。『太陽がいっぱい』のキャストが多く登場している。フランス・イタリア合作。1968年制作。

基本的に、男の嫉妬を扱っているのは、『太陽がいっぱい』と同じ。南フランスの別荘で過ごす一組のカップル。男は才能にもチャンスにも恵まれず、女の世話になっている。そこに彼女のかつての恋人とその娘がやって来る。まあ、後の展開は想像できる。

出演は、アラン・ドロンの他に、モーリス・ロネ、ロミー・シュナイダー、、ジェーン・バーキン。男女の微妙な心理展開を描いたものだ。面白いと言えば面白いのだろうが、フランス的映画。暇つぶしにはいいかも。

|

« 映画『追想』を観る | トップページ | 未だにかかってくる非通知電話 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65434632

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『太陽が知っている』を観る:

« 映画『追想』を観る | トップページ | 未だにかかってくる非通知電話 »