« 自民党からの分党行動を考える | トップページ | 三木清の『人生論ノート』を読む »

2017年7月 7日 (金)

薫風は南から来るか

梅雨と台風が一緒にやって来て、各地は混乱している。九州地区の水害は目を覆いたくなる。被害に遭われた方にお見舞い申し上げる。不幸にも亡くなった方にはご冥福をお祈りする。日本は自然災害の国。明日は我が身だ。自然とうまく付き合う方法はないものか。

それでも、いずれ盛夏はやってくるのだろう。また、暑い、暑いと言って過ごさなければならない。そういうと、蘇東坡の詩に次のようなものがある。それは『東坡集』にあるもので題は不明。

 人は皆炎熱に苦しむ

 我は夏日の長きを愛す

 薫風南より来たり

 殿閣微涼を生ず

 一たび居のために移されて

 苦楽永く相忘る

 願わくば言わん

 此の施しを均しくして

 清陰を四方に分たんことを

実は、三人の合作で、最初の二行が文宗皇帝のもの、そして続く二行が柳公権のもの。そして、残りが蘇東坡によるものだ。世間知らずの皇帝の詠んだ歌に、柳公権が、同調したことを批判したのが蘇東坡。

「人々は、夏になると、暑さに苦しめられる。でも、私は夏になると、日が長くなるので、夏もいいと思う」(皇帝)

「(そのように同意いたします)。御殿には、さわやかな薫るような風が南の方から吹いてきます。そうすると、宮廷には、涼しさが満ちて、暑さを知ることもございません」(柳公権)

「(何をおっしゃいますか)人というものは、その住んでいる環境によって、心映えも変わってくる。苦しいことも楽しいことも、環境が変われば、忘れてしまう。御殿に居て、庶民の苦しさを知りえましょうか。

広い御殿に住まわれていると、狭い家に住んでいる庶民の苦しみはお分かりになれません。願わくば、皇帝陛下が愛されている夏日の清陰を庶民に分け与えてほしいものです」(蘇東坡)

当時は、扇風機もなければ、クーラーもない時代。暑さを凌ぐのは大変なこと。皇帝が、自分のことしか見えていないので、蘇東坡は諫めた詩と言えよう。いつの時代も、為政者は、下々の生活を慮る能力が問われる。

|

« 自民党からの分党行動を考える | トップページ | 三木清の『人生論ノート』を読む »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65503087

この記事へのトラックバック一覧です: 薫風は南から来るか:

« 自民党からの分党行動を考える | トップページ | 三木清の『人生論ノート』を読む »