« 蝉の声 2017 | トップページ | 夏痩せか 2017 »

2017年7月11日 (火)

自然体~平常心是道

よくスポーツ選手が勝利した時のインタビューで「平常心で頑張りました」というのを時々聞くことがある。私も、若い頃、感情のブレを抑えるため「平常心」を座右の銘にした。そして、彼らは一律に「へいじょうしん」と言っていたが、私も、最近まで、そのように読んでいた。

ところが、最近、禅語を読んでいると、実は「びょうじょうしん」とある。それが正しい読み方らしい。「へいじょうしん」と「びょうじょうしん」の違いは、分かりかねるが、それなりに意味があるのだろう。

ところで、この「平常心」という言葉は、『無門関』という禅の書籍にある。南泉普願禅師と、その弟子趙州との問答の中に出てくる。趙州が南泉に「道とは、どういうものでしょうか」と尋ねる。そうすると、南泉が、答えたのが、「平常心是れ道」。

そう聞けば、「平常心とは何か」と思いたくなる。趙州は、「平常心になるためには、どのように心を向ければいいのでしょうか」と尋ねる(ここからは完全に禅問答なので略す)。ところが、心を向ければ、心は難くなる。それでは、平常心ではいられなくなる。

言い換えれば、努力して得られるものでもない。只管修行して、無の境地に入るしかない。そこには雑念など何もない。全ての価値判断のない自然体が目指すべき道なのかもしれない。そうすれば平常心も意識外のものとなる。

簡単に、「平常心」と言っていた私が、少し恥ずかしくなる。なかなか大変な世界なのである。

|

« 蝉の声 2017 | トップページ | 夏痩せか 2017 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65519729

この記事へのトラックバック一覧です: 自然体~平常心是道:

« 蝉の声 2017 | トップページ | 夏痩せか 2017 »