« 映画『大いなる陰謀』を観る | トップページ | 『昔ばなしの謎』を読む »

2017年8月14日 (月)

夏の生き物たち 2017

朝夕は、幾分涼しくなってきた。少し過ごしやすくなるかもしれない。草抜きも少しサボっていたが、ちょっとずつ機会を増やしていくつもり。でも、全然追いつかない。放置する人もいるが、少しみっともないし。熱中症になれば、元も子もないし、難しいところ。

さて、蛇を見つけた時は正直驚いたことは先日、記した。大人になって普通の大きさ(1.2メートルくらい)の見るのは久しぶりだったから。いつもは細くて短い蛇。それとは全く違って迫力があった。

今から思うと、例の事件のヤマカガシだったかもしれない。ただ、それ以後、見ていない。多分、水気の多いところにいるのだろう。考えられるのは、ヤツデの下か周辺。あそこは、格好の場所だろう。草抜きする時は注意しよう。

そして、最近見たのが大きいトカゲ。草抜きしていて、少し大きい石を取り除くと、そこから現れた。結構大きく、いつも見るのとは倍近く大きい。なぜ、こんなに大きくなったのだろう。ところが、今年に限って言えば、ヤモリは少ない。何かに食われているのかもしれない。

更に、驚いたのが、風呂に湯を張ろうとして、浴室に入ったところ、大きな蜘蛛が出現。足の長い蜘蛛は、よく室内で見かけるが、それより胴体が大きく迫力があった。外に出そうと追いかけたが逃げられてしまった。今、どこにいるのだろう。ゴキブリを食べてくれるとは聞くが、微妙な気持ち。

また、空を見上げると、俊敏に飛び回る鳥が。ツバメではなさそう。あまり見かけない鳥だ。そして、同時に巨大とも言える蝶が飛んできた。ジャコウアゲハの一種かもしれないが、とんでもないほど大きい。初めて見た。

こうして見ると、比較的大きい生き物が出現している。ただ、蟻だけは、いつもと変わらず、せっせっと働いている。それでも若干、数が減った感じ。秋を感じているのだろうか。

*追記

蝉の鳴き声は相変わらず。彼らの鳴き声が続く限り、夏は終わらない。ツクツククボウシは、いつ鳴き始めるだろうか。トンボは、少しずつ現れる頻度が増えている。

|

« 映画『大いなる陰謀』を観る | トップページ | 『昔ばなしの謎』を読む »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65662275

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の生き物たち 2017:

« 映画『大いなる陰謀』を観る | トップページ | 『昔ばなしの謎』を読む »