« 人口減少下の日本 | トップページ | 真夏にチャリンコで遭遇する人々 »

2017年8月 3日 (木)

最早、小沢一郎氏は過去の人

安倍政権の内閣改造は、基本的に骨格は変えていないので、一部実力議員を大臣にはしたものの、多少化粧をしたというに過ぎないだろう。よって、今後も、何も変わらないだろう。むしろ、外相には懸念が残る。

さて、野党を見ていると、民進党は崩壊寸前の様相。そうした中、一部マスコミに、未だ小沢一郎の政界への影響力を期待する向きがあるが、最早、彼は過去の人であろう。かつては、政界をかき回し、小選挙区制や政党助成金を作った人だが、今は、悪影響が出ている始末だ。

彼がやったことが全て悪いとは言えないが、策士、策に溺れるの感があり、信頼性に欠け、政界では、最早、お荷物状態。既に、その影響力はなく、その発想も古い。彼は政界しか見ておらず、有権者の方を見ていない。

よって、彼の考え方では、有権者の共感は得られないのは明らか。対有権者への政治感性が劣化しているのは間違いない。仮に民進党一派や小池氏が新党を作るにしても、彼抜きの考え方か望ましい。

数は力という彼の発想に新規性はない。確かに権力を握るには数は必要だが、単なる算数的思考で、政界遊泳術に長けていても、人々の心に訴えるものはない。彼は早く政界引退して、せいぜい彼の失敗を教訓に次世代の政治家の教育に携わるべきだ。

|

« 人口減少下の日本 | トップページ | 真夏にチャリンコで遭遇する人々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65614349

この記事へのトラックバック一覧です: 最早、小沢一郎氏は過去の人:

« 人口減少下の日本 | トップページ | 真夏にチャリンコで遭遇する人々 »