« 2018年日亜修好120周年とタンゴの苦い思い出 | トップページ | 姫路城関連ニュース 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

人気商売は厳しい!

芸能界のように人気商売は、つくづく厳しいと思う。仮に成功して有名俳優やタレントになっても、ギャラが上がり続ければ、使いにくい俳優やタレントになってしまう。その結果、いつの間にか消えていく。そして、あの人は今になってしまう。

例の『ギリシャ・ローマ名言集』にも次の言葉がある。

「新しい称賛が生まれなければ、古い称賛も消えてしまう」

(プブリリウス・シュルス)

落語や歌舞伎では、同じ演目でも、いろんな工夫をして、常に、ある意味「革新」している。そうしないと観客に飽きられてしまう。すなわち、過去の称賛に溺れず、新しい称賛を受けるような演技が求められる。

そうかと言って、役者や芸人が、全く異なる新分野を目指しても、それぞれのプロがいるわけで競争も激しい。そんな中で、いかに勝ち残るか。なかなか大変な仕事だ。

これは一般企業でも同様だ。商売も人気商売と言えなくもない。老舗だからといって、今までのビジネスの継続だけでは、企業を存続させることは難しい。やはり時代を感じて、求められるものを提供しなければならない。

ただ、闇雲に新分野に取り組んでも、成果は期待できない。まず自社の持っている経営資源や能力を十分に分析して、それを活用して、新分野を切り開いていくことが求められる。これらは以前から指摘されていることだ。人気商売は厳しい。

|

« 2018年日亜修好120周年とタンゴの苦い思い出 | トップページ | 姫路城関連ニュース 2017年9月 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65731906

この記事へのトラックバック一覧です: 人気商売は厳しい!:

« 2018年日亜修好120周年とタンゴの苦い思い出 | トップページ | 姫路城関連ニュース 2017年9月 »