« 人気商売は厳しい! | トップページ | 姫路の百貨店ヤマトヤシキがラオックスの傘下へ »

2017年9月 1日 (金)

姫路城関連ニュース 2017年9月

最近の姫路城関連ニュースとして、2017年9月の催しの記事を以下に示します。情報は、随時追加していきます。

●姫路市埋蔵文化財センターは、9月20日、世界文化遺産・国宝姫路城の西の玄関口だった「備前門」の石垣跡が、市内の魚町の地中で見つかったと発表した。

●「豊穣の国・はりま」大物産展が、9月30日、10月1日の10時から17時まで、大手前公園で催される。「豊穣の国・はりま」は、播磨地域ブランドで、播磨圏域連携中枢都市圏8市8町のプロジェクト。

●大手前公園の南にあるイーグレひめじ あいめっせホールで、2017年9月17日(日)の10時から、「第43回 プロムナード・コンサート」が開かれる。これは、気軽にクラッシックを!というコンセプトで、女性音楽家6名による無料コンサートだ。今回、43回も続いているのに、案内をもらって、初めて知った。時間があれば、どうぞ。

●姫路文学館 北館 特別展示室で、9月8日(金)より、『姫路藩士の文化』展が催される。酒井家の藩士たちが伝える姫路を紹介。あまり知られていない人々の足跡を紹介する。9月23日まで。観覧無料。

●好古園では、9月2日(土)より、「流木と金魚画展」を催す。石に描かれた金魚絵アートと流木アートのコラボレーションを展示する。場所は、好古園内、潮音斎広間・活水軒入口の床の間。9月10日(日)まで。

*注 (9月8日追記)行った人によると、入り口付近の展示のみで、潮音斎広間・活水軒入口の床の間には展示がなかったらしい。市の情報発信に問題あり。

|

« 人気商売は厳しい! | トップページ | 姫路の百貨店ヤマトヤシキがラオックスの傘下へ »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65735895

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城関連ニュース 2017年9月:

« 人気商売は厳しい! | トップページ | 姫路の百貨店ヤマトヤシキがラオックスの傘下へ »