« 『万葉集』にみる遠距離恋愛 | トップページ | 姫路・家島諸島、「セイルキャンプ」を実施 »

2017年9月 6日 (水)

姫路で漁業観光試行

播磨灘の坊勢島(姫路市)にある坊勢漁業協同組合は、漁業の魅力を伝えるツアーを旅行会社とタイアップして始めたようだ。以前にも記したように、姫路港は、海の観光が、まだ開発されていないので、期待できる。

とりあえず、2017年9月24日、10月1日のツアーを組んだ模様。内容は、漁船から網を引き揚げる作業を別の船から見学。取れた魚を水揚げ仕分けする出買船、ヒラメや車エビの稚魚育成施設、融けにくい氷を作る製氷施設、ハモの骨切りを行う加工工場などを回る。

昼食は、「姫路とれとれ市場」で、ハモづくし。4人以上のグループで参加すれば、鮮魚のお土産もあるそうだ。旅行代金は、9980円。問い合わせ先は、神戸新聞旅行社(078-362-7174)。関心のある方は行ってみて。

*追記

ただ、漁業ビジネスに直接つながらなくてもいい催しも必要。以前にも記したように、15分コース、30分コースというように海に親しむだけのセーリングがあってもいい。料金は1分100円くらいの目安でいいと思う。

漁業者が常識と思っていることも、一般人には新鮮に感じることも多い。時期によっては、潮風に触れるだけで嬉しいものだ。一般旅行者の関心を取り入れれば成功すると思う。

|

« 『万葉集』にみる遠距離恋愛 | トップページ | 姫路・家島諸島、「セイルキャンプ」を実施 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65756789

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路で漁業観光試行:

« 『万葉集』にみる遠距離恋愛 | トップページ | 姫路・家島諸島、「セイルキャンプ」を実施 »