« 蘆花の「写生帖」から | トップページ | 姫路で漁業観光試行 »

2017年9月 5日 (火)

『万葉集』にみる遠距離恋愛

今回は、『万葉集』にみる遠距離恋愛を見てみよう。それが天智天皇と鏡王女(おおきみ)の相聞歌。但し、天智天皇が、まだ皇子だった頃の話で、当時、彼らは相思相愛の仲。まず、天智天皇の歌が次のもの。

妹が家も 継ぎて見ましを 大和なる

 大島の嶺に 家もあらましを

(巻第二 九十一番)

「あなたの家を、いつも見ることができたら、いいのになあ。あなたの家を見渡せる大島の嶺に家があったらと思う」という風な感じ。

これに対し、鏡王女が返した歌が次のもの。

秋山の 木の下隠り 行く水の

 我れこそ増さめ 思ほすよりは

(巻第二 九十二番)

「秋山の木々の下に隠れ流れる水、それは表からは見えないけれど、同様に、私の想いの方が、あなた様より優っていることでしょう。(心から深くお慕い申し上げています)」

木々の下とあるが、落ち葉が川に浮いて水が流れている状態と思う。それを歌に詠み込んだ鏡王女は、慎ましやかな人物であったと想像できる。歌としても、天智天皇の歌より優れていると思う。

それはそれとして、当時は交通もそんなに発達していなかったから、会うのは大変だったことがわかる。鏡王女の名から、彼女の親は、渡来系の鏡づくりの職人軍団の長であったと推定出来る。彼らの居場所は特定されたであろう(鏡を作る技術は秘密とされた)から、行くのも大変だったに違いない。

それでも、相互に惹き合う何かがあったのだろう。今でも、そうだが、恋人たちは、離れていると思いは増すものだ。

|

« 蘆花の「写生帖」から | トップページ | 姫路で漁業観光試行 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65753805

この記事へのトラックバック一覧です: 『万葉集』にみる遠距離恋愛:

« 蘆花の「写生帖」から | トップページ | 姫路で漁業観光試行 »