« 経済誌はどこへ行く | トップページ | 秋の部屋の模様替え 2017 秋 »

2017年9月30日 (土)

リベラル新党の必要性

国家、社会は、多様な考え方を持った人々が多い方が強くなるのは歴史的事実。その上で、他者の存在を認め、コミュニケーションを重ねて、相互理解を深めて、一歩ずつ改革・改善していく手堅い手法(漸進主義)が国民にとってもプラスに働く。

しかしながら、自民党、公明党の与党に加えて、隠れ与党と言われる維新の党。更に、保守系新党の「希望の党」が加われば、結局、皆、同じ方向を見ることになる。それは好いように見えて、危険な方向だ。すなわち、左右が一つになった戦前の大政翼賛会ほどではないが、大勢が保守になってしまって、思考が停止する。

ところが、民進党が解党してしまい、右派と呼ばれる人々中心に「希望の党」に移籍した結果、リベラルと呼ばれるのは、社民党と共産党のみになってしまった。これは望ましくない。急進的で視野が狭い社民党や共産党以外の穏健なリベラル政党が求められる。

報道によると、民進党左派と言われる方々は、「希望の党」から、はじかれるようなので、彼らが新党を作るのもいいだろう。日本が、「保守」という考え方で、すべてまとまるのは望ましい方向ではない。与党を批判する勢力は、それなりに必要だということを忘れてはならない。

*追記

保守系新党の「希望の党」は、どうもリベラルの雰囲気を消したいようだ。となれば、最早、野党とは言いかねる。彼らは、いずれ、自公と連立の可能性もある。そうなれば、現在の状況は与野党のバランスが非常に悪くなる。世論調査では、国民は与野党均衡を望んでいるのに、残念ながら逆行することになる。

*追記

噂されている小池氏による民進党議員「排除リスト」。政治家としての評価は様々だろうが、民進党時代の主要メンバーだ。どちらかというと、うるさ型。党として統制できないと思ったのかもしれない。だが、これらのメンバーであれば、十分、リベラル新党は作れるだろう。

菅直人(東京18区)

野田佳彦(千葉4区)

岡田克也(三重3区)

赤松広隆(愛知5区)

長妻昭(東京7区)

枝野幸男(埼玉5区)

安住淳(宮城5区)

近藤昭一(愛知3区)

辻元清美(大阪10区)

阿部知子(神奈川12区)

篠原孝(長野1区)

初鹿明博(東京16区)

海江田万里(東京1区)

手塚仁雄(東京5区)

櫛渕万里(東京23区)

 

 

 

 

 

 

|

« 経済誌はどこへ行く | トップページ | 秋の部屋の模様替え 2017 秋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65855088

この記事へのトラックバック一覧です: リベラル新党の必要性:

« 経済誌はどこへ行く | トップページ | 秋の部屋の模様替え 2017 秋 »