« 小池百合子氏はジェームズ・ボンド的 | トップページ | 経済誌はどこへ行く »

2017年9月29日 (金)

首相を替える選挙だが、、、

安倍首相が自ら言いだした衆議院解散。でも、これは首相を替える、いい機会iになったことは確か。つまり有権者は、政策で投票すると言うより、とりあえず首相を替えるために投票することになる。

与党支持者も怒っている森友、加計問題。やはり政治を私物化するようなトップは避ける必要がある。与党は妙にこだわるが、別に首相は安倍氏でなくてもいい。それに安倍政権の目標は、ご都合主義で、迷走して、ころころ変わるし、分かりにくい。もういいだろう。

もう少し国民にも丁寧に分かるように説明できるトップが必要だ。自民党は仮に選挙で負けても、致命的な大敗をしない限り、恐らく、政権は担い続けるだろう。有権者は、早く、安倍首相に辞めて欲しいだけだ。

となると、投票先は、新党ということになる。だが、この新党も、長続きはしないだろう。なぜなら、急な選挙に対応するため、急ごしらえになったからだ。更に、いきなり二大政党を目指すのは危うい思考だ。多分、小沢一郎氏に吹き込まれたのかもしれない。

それゆえ、まだふわふわしている。また民進党を一気に取り込むのも、あまりよくない(*注)。多党連立戦略を取るべきであったのに無理をしている感じだ。ただ、今回は致し方ないかもしれない。とりあえず、安倍首相を替えよう。

*注

民進党が、保守政党「希望の党」に吸収されて、有力なリベラルな政党は消滅する。「保守」という一つの考え方に与野党が集まりすぎる。決して望ましい方向ではない。それが国民にとって、いいことかどうか。国としても若干危うい。

リベラルな政党は、与党にとって、厄介に映るかもしれないが、結構必要性は案外高い。特に外交に於いては、他国の干渉を受けないためには欠かせない。その勢力がなくなることは国家を弱体化させかねない。

もちろん、現在の日本には、リベラルも保守もないという考え方に立てば、問題はないことになる。だが、対立軸がないと、問題も浮かび上がらない。それは政治の劣化を促進する。

*2017年9月30日追記

ただ、最近の小池氏の発言や行動を見る限り、「政治家」と言うより「政治屋」の雰囲気が強い。単に権力を握りたいだけかもしれない。だとしたら、非常に危うい。国民は微妙な雰囲気を察して、「希望の党」には風は吹かないかもしれない。

逆に、安倍首相が、選挙の結果の如何に関係なく、退陣すると発表すれば、タイミングによっては与党は大勝する可能性がある。

*2017年10月8日追記

噂では、選挙結果次第では、加計問題で、多額の補助金絡みで、安倍首相の逮捕の可能性もあるらしい。問題は、相当深刻なようだ。検察は果たして動くのか。

*2017年10月9日追記

首相を替えるには、有権者の投票戦略として、まず比例代表は野党に投票する。小選挙区は、野党への投票が望ましいが、与党との人間関係が邪魔をする人もいるだろう。適切な候補がいない場合は最悪、棄権するのも選択肢。有権者も、いろんなしがらみを捨てる時かもしれない。

|

« 小池百合子氏はジェームズ・ボンド的 | トップページ | 経済誌はどこへ行く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65852205

この記事へのトラックバック一覧です: 首相を替える選挙だが、、、:

« 小池百合子氏はジェームズ・ボンド的 | トップページ | 経済誌はどこへ行く »