« アベノミクスによる財政黒字化失敗 | トップページ | 「麻垣康三」時代の終焉 »

2017年9月23日 (土)

鴎外を再読

学生時代に買って蔵書にある森鴎外全集を久しぶりに読もうとしたが、文字が小さくて読みにくい。昔買った文庫本と同じだ。そこで、買いなおすことにした。本屋に行って、いろいろ見ていると、「教科書で読む名作」シリーズが文庫本であり、そこに森鴎外も取り上げられていた。

収録されているのは、「高瀬舟」、「最後の一句」、「文づかひ」、「普請中」、「阿部一族」、「サフラン」、「安井夫人」、「じいさんばあさん」、「寒山拾得」だ。これらの内、私の時代に教科書に採用されていたのは、「高瀬舟」、「最後の一句」、「阿部一族」「安井夫人」「寒山拾得」のみだ。ただ、「安井夫人」、「寒山拾得」は記憶がない。

学生時代は、勉強のためだったり、課題図書の読書感想文のためだったりする。今は、試験を意識することなく、気ままに読める。そして、著者の本来の意図も、なんとなくわかる。今の読書が一番楽しいということになる。

しかし、視力は弱っている。若い時から、大きい文字が好きだったが、最近は細かい文字が厳しいとより感じる。スマホや携帯の文字など苦痛でしかない。だから、持たない。今回買った文庫本は、文字が比較的大きく楽々読めた。どの出版社も、こういう配慮してほしいものだ。

|

« アベノミクスによる財政黒字化失敗 | トップページ | 「麻垣康三」時代の終焉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65825783

この記事へのトラックバック一覧です: 鴎外を再読:

« アベノミクスによる財政黒字化失敗 | トップページ | 「麻垣康三」時代の終焉 »