« 映画『夢の香り』を観る | トップページ | 総保守化という日本の老化 »

2017年10月25日 (水)

姫路城関連ニュース 2017年11月

最近の姫路城関連ニュースとして、2017年11月の催しの記事を以下に示します。情報は、随時追加更新していきます。なお、今月より兵庫県立武道館(手柄)の催しも加えることとする。

●姫路文学館が、「オリジナルしおり」を配布している。初めての試みらしい。

●2016年の姫路城の観光客集客数が211万人で、約3割減だったことから、兵庫県内の観光客数が3.3%減になったと報道。2017年もグランドオープン頃と比べると落ち着いている。そのため、今は、平日は特にゆっくり観光できますけれど。

●11月18日より、大手前公園で、「第27回ひめじ植木いち」が開催される。11月23日まで。

●好古園では、11月17日より、「紅葉会」が始まる。園内の紅葉をライトアップしたり、演奏会がある。12月3日まで。

●11月11日に、毎年恒例の第26回「こころの祭 姫路」が市内33か所で催される。これは、「人とひとが出会い人とものが語り合う」をコンセプトに、「歩いて訪ねて心通わせて刻を越えての自分発見のまつり」としている。10時から16時まで。

●11月11日13時より、県立歴史博物館の1階ロビーで、「県立姫路東高等学校ギター・マンドリン部 演奏会」がある。視聴無料。今回で7回目。

●「姫路城×彩時記」秋(color of the season-Xファンタジー イルミネーション~千姫~)が、11月10日より11月26日まで姫路城三の丸広場で展開される。時間は、18時より21時30分までとなっている。

約10万個のフルカラーLEDが音楽に合わせてきらめく。オープニングセレモニーは、11月10日17時30分より。オリジナル曲の演奏や千姫と忠刻が二人で登場する点灯式がある。

●11月5日(日)に、熊本城おもてなし武将隊(3武将)、熊本市イメージキャラクターひごまる隊がやって来る。駅前広場で、姫路城甲冑隊、姫路忍者会とステージ。みゆき通り商店街の練り歩きも予定されている。くまモンも来るかも。

なお、みゆき通り商店街は、11月1日(水)より5日(日)を、「熊本城を応援するモン!ウィークとしている

●「人間将棋・姫路の陣」が、姫路城三の丸広場で、11月4日(土)・5日(日)10時から16時までに大手前公園で開催される。

催しとしては次のものがある。

 一、プロ棋士による人間将棋・大盤解説

 二、プロ棋士とゲスト対局

 三、詰め将棋クイズ

 四、自由対局

 五、将棋ソフト「PONANZA」体験コーナー

なお、既に募集が終わっている事前参加申し込みの催しは下記の通り。

 一、指導対局

 二、子ども将棋大会

 三、子ども将棋教室

●11月4日(土)、「御着城時代まつり」が、御着城本丸・旧山陽道(西国街道)御着町内で開かれる。時間は9時から12時まで。ソーラン、獅子舞、舞踊、門番さくら組の紹介、姫路忍者演技披露、小寺・黒田武者行列など。雨天順延。

●好古園では、11月3日より「和紙に描く四季の絵ふみ展」が開かれる。11月10日まで。

●11月3日(金・祝)に、兵庫県立武道館で、「第16回兵庫武道祭」が開かれる。9時30分より13時まで。入場無料。詳しいことは武道館のホームページで確認ください。

●11月1日から5日まで、全国陶器市関連のイベントとして、市街地商店街で、「ストリートいけばな展」が開かれる。

●11月1日(水)に、姫路市市立美術館及び周辺で、「HIMEJI MUSEUM DINNER(姫路ミュージアム・ディナー)が開催される。姫路城周辺はいろんな規制があり飲食施設は制限されている。

今回は、姫路市商工会議所青年部が、特別交渉し、一日限りだが、市内のショットバーやレストランが参加して、美味しい料理とお酒を提供する。提供時間は、16時から21時まで。前売りチケットが3000円で、22枚つづりでプレミアムチケット付きとなっている。なお当日券は1500円で11枚つづり。

なお、ミュージックは17時30分より20時30分まで、奏でられる。また美術館を背景にロケーション撮影もされる。

●第30回全国陶器市が、大手前公園等で11月1日(水)より5日(日)まで開かれる。10時から17時まで。68のコーナーに出店。

|

« 映画『夢の香り』を観る | トップページ | 総保守化という日本の老化 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65961379

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城関連ニュース 2017年11月:

« 映画『夢の香り』を観る | トップページ | 総保守化という日本の老化 »