« 漱石の「個人主義」見解 | トップページ | 白いサザンカの満開 2017 »

2017年11月19日 (日)

今年の柿 2017

今年は、柿の木に、あまり実ができなかった。昨年は割と実ったのは、手入れをした結果だろう。手入れをさぼった分、今年は、ほとんど実がならなかった。確かに、手入れをしても実がならない年もある。でも、今年の場合は明らか。

そういうことで、今年は柿を割と購入している。どれも立派な柿だ。家では、あんなに大きくならない。食べ過ぎると体を冷やすとも言うが、適度な量は健康にもいい。なんでもそうだが、摂りすぎはよくない。

家の柿の木は、そもそも大きくならないように父が細工したので、盆栽とは言わないが、枝ぶりを楽しむためのもの。実は本来期待してはならないのかもしれない。今年も刈り込んで楽しんだ。来年、少しは実ができるだろうか。

|

« 漱石の「個人主義」見解 | トップページ | 白いサザンカの満開 2017 »

ガーデニング関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66060402

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の柿 2017:

« 漱石の「個人主義」見解 | トップページ | 白いサザンカの満開 2017 »