« 『ひょうごと秀吉』展を観覧 | トップページ | 株式相場の魔法は、いつ解かれるか »

2017年11月 3日 (金)

久しぶりにカーペンターズを聴く

世間は三連休ということで、街中は、凄い賑わい。少し久しぶりの感。そして、異常に暖かい。今は夏なのかと錯覚させる。上着を着て出かけたが、思わず脱いだ。姫路全国陶器市にも再度寄ってみた。すると、昨日どころの人出ではない。

そうした中、人波を泳ぎながら(笑)、一応、新しいものを入手。以前、気に入って購入したものも売られていたが、今回はパス。違う産地のものにした。今回もデザイン重視で購入。しばらく楽しめる。壊さないようにしたい。

さて、先日、久しぶりに、カーペンターズが聴きたくなって、昔買ったCDを取り出したが、どうも音質がおかしい。いろいろ手を尽くしたが、あきらめて、新しいCDを購入。若い頃、よく聴いた懐かしい曲を楽しんでいる。

今更ながら、歌詞の内容を確認すると失恋の歌が多い。どちらかというと、真面目な女性が主人公。よって、思い込みと完璧主義が支配する。相手にも、それを求めて、息苦しくなって、去っていく物語が多い。彼ら、特にカレンが、そういう曲を望んだのかもしれないと思われた。

でも、カーペンターズの曲は、自然に耳に入って来る。これらを懐かしく思うのは、歳を取った証拠かもしれない。

|

« 『ひょうごと秀吉』展を観覧 | トップページ | 株式相場の魔法は、いつ解かれるか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/65998380

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにカーペンターズを聴く:

« 『ひょうごと秀吉』展を観覧 | トップページ | 株式相場の魔法は、いつ解かれるか »