« 『坊ちゃん』を再読 | トップページ | 丘みどりさん、紅白初出場! »

2017年11月16日 (木)

おせちの卒業

新聞の投書欄の初老の女性が、おせちを作るのを卒業すると宣言したと載っていた。これからは市販のおせちを購入されるそうである。作る量にもよるだろうが、それなりに手間のかかる作業だ。

それに今は、そんなに、おせち料理が歓迎されない雰囲気もある。日頃、おせち以上の贅沢な食事をしておれば、おせちを貴重に思う心も薄れる。いずれ日本から、おせちの習慣はなくなるかもしれない。

家でも、おせちを購入する時期があったが、正直言って、それほど美味しくない。有名な料亭のものでも同様だ。味の濃いワンパターンの食品は今の健康志向の時代とずれていることもある。洋食おせちや中華おせちもあるが、日頃、食しているものばかりで目新しさはない。

今はおせちも作らず、買わずで済ます。三が日は、三種類のお雑煮を作るだけで満足だ。それだけで足りなければ、食べにいけばいいし、家で食べることにこだわる必要もない。「本当のおせちの卒業」の時代が来ている。

|

« 『坊ちゃん』を再読 | トップページ | 丘みどりさん、紅白初出場! »

医・食・健・康」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66049545

この記事へのトラックバック一覧です: おせちの卒業:

« 『坊ちゃん』を再読 | トップページ | 丘みどりさん、紅白初出場! »