« 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 | トップページ | 「サザエさん」は続くのか »

2017年11月 9日 (木)

『江藤雄造作品展』を観覧

久しぶりに、三木美術館に行ってきた。現在は、漆・金継ぎの『江藤雄造作品展』が開催されていて観覧した。このような技術は、以前、京都で、よく見かけたので、特に目新しいことはない。

ただ、作品は、金継ぎはともかく、漆の様々な技法を使った作品群は、結構面白かった。また観覧者に受付で「黒い蝶」を渡され、自分流で貼り付けるのもユニークな試みであった。観覧者参加型と言うのだろうか。

壁や作品に貼り付けた観覧者の気持ちは如何。大小の蝶、貼る場所、貼る方向等で印象は異なる。こういう試みは、大歓迎。できる催しとできない催しがあるだろうが、観覧者も、ただ観るだけでなく、参加して楽しむのは、これからの美術館の方向性を示唆している。

2017年11月19日まで。

|

« 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 | トップページ | 「サザエさん」は続くのか »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66021727

この記事へのトラックバック一覧です: 『江藤雄造作品展』を観覧:

« 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 | トップページ | 「サザエさん」は続くのか »