« 「姫路ふるさと大使」創設 | トップページ | 主客転倒の「神戸ビーフ」 »

2017年11月24日 (金)

『南洲翁遺訓』を再読

来年の大河『西郷どん』を視るかどうかは、まだ決めかねているが、『南洲翁遺訓』を再読した。彼は、当時、入って生きていた欧州の著書にも影響されているというが、基本的に儒教中心の考え方だ。

それゆえ、当時、海外の文化に異常に啓蒙されていた人々を揶揄する感じで、遺訓を残している。基本的には、日本人としての主体性を失わず、いろんなものを観察する目を養い、かつて営々と築き上げた文化を大切にせよと言っている。

大河関係で、最近、この書籍の解説書が出版されているが、若い方は、まず西郷の言葉を自分なりに解釈することをお薦めする。

その上で、解説が必要と思えば、解説書を読んでもいい。ただ、解説書は、わかりやすい面もあるが、解説者の意思が含まれ、西郷の意図を反映していない場合もあるので注意が必要だ。

|

« 「姫路ふるさと大使」創設 | トップページ | 主客転倒の「神戸ビーフ」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66079808

この記事へのトラックバック一覧です: 『南洲翁遺訓』を再読:

« 「姫路ふるさと大使」創設 | トップページ | 主客転倒の「神戸ビーフ」 »