« 秋の花と蜂 2017 | トップページ | 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 »

2017年11月 6日 (月)

昔受けたセクハラ発言に思う

かなり前にセクハラにあったことを今頃になって、内外で発言する女性がいる。いわゆる記憶による「セクハラ」告発だ。ただ、昔のことは、過大に表現される場合もあるだろう。当時、嫌だった記憶を思い起こし、何かのきっかけで発言しているものと思う。

なぜ、その時に不愉快だと抗議しなかっただろうか。もちろん、言える環境でなかったとも言える。パワハラも絡めば、事は複雑だ。長い時を経て、敢えて話を蒸し返すのは、それほどに、不愉快な記憶なのだろう。それが男の記憶と大きく異なることだ。

ただ、セクハラの範囲も、年々拡大解釈されているように感じる。以前、企業では、「セクハラ対策マニュアル」が発行されていたが、今は、その範囲を大きく超えて、女性は「セクハラ」だと言っている。

こうなってくると、個々人でセクハラの受け取り方は異なるので、男は、女性と接触の機会を極力避けよということになる。男女のコミュニケーションの手段も限られてくる。となれば、電車で「女性専用列車」があるように、働く場に於いても、「女性専用職場」が出てくる可能性もある。

でも、女性だけの職場は、基本的に、ぎすぎすした感じを受ける。異性が一人いるだけでも雰囲気は変わる。異性と共に働く効果はあるはず。セクハラを受ける方にも、何らかの原因があると思うが、職場ごとに話し合ってルールを定めることが求められるかもしれない。

そうしないと無用のトラブルを引き起こし、職場自体がうまく回らない可能性がある。それぞれの職場で、セクハラについて、オープンに話し合うことが求められる。そして、ルールを公開すべきだ。その上で、罰則規定を設ければいい。

*追記

逆に、女性による男への「言葉のハラスメント(言葉の暴力)」も厳しくルールを定めるべきだろう。口が達者な彼女らの発言が、時として男を傷つける。男は、案外、ナイーブだ。外見で判断してはならないだろう。

|

« 秋の花と蜂 2017 | トップページ | 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 »

男と女」カテゴリの記事

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66009387

この記事へのトラックバック一覧です: 昔受けたセクハラ発言に思う:

« 秋の花と蜂 2017 | トップページ | 新「姫路観光ガイドブック」(2017~2018)を入手 »