« 姫路も、まもなくクリスマスムード 2017 | トップページ | 「麻姑の手」のこと »

2017年12月 1日 (金)

『松岡映丘~やまと絵の世界』展を観覧

現在の兵庫県神崎郡福崎町辻川生まれの松岡映丘の日本画は、過去に幾度も鑑賞したが、今回は、三木美術館で開催されていた『松岡映丘~やまと絵の世界』展を観覧した。彼の特徴は、いわゆる「やまと絵」を現代的に表現したものと言える。

今回の展示は二期に分けて展示される(一期は2017年11月22日から2018年1月8日まで。二期は、2018年1月10日から2月18日まで)。2015年にも一部展示したらしいが、「時雨もやう」以外は覚えているものはなかった。

調べてみると、「子の日」、「西行姫」も、以前、展示されていたようである。また、この美術館以外の展示(姫路市立美術館と福岡県立美術館)の図録を再度見てみたが、なかったものが、今回多かったと思う。企業とか個人蔵のものは、なかなか見られないということかもしれない。

そして、以前にも記したが、最近は、洋画より、日本画の方が、しっくりくる。松岡映丘は戦前の画家だが、安心感がある。そして、なんとなく日本人の感性というものを受け止めて共感する。来年、後期の展覧会にも行ってみようと思う。

また同時開催として、「志野展」も催されていた。美濃焼の一種の「志野焼」。茶道に興味のある方は、それなりに楽しめるだろう。

|

« 姫路も、まもなくクリスマスムード 2017 | トップページ | 「麻姑の手」のこと »

姫路と播磨」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66107662

この記事へのトラックバック一覧です: 『松岡映丘~やまと絵の世界』展を観覧:

« 姫路も、まもなくクリスマスムード 2017 | トップページ | 「麻姑の手」のこと »