« 餅花の記憶 | トップページ | 姫路の市街地商業施設を考える »

2017年12月29日 (金)

多過ぎる怪しい電話

毎日ではないが、怪しい電話がかかってくる。以前は非通知が多かったが、最近は、さすがに、それは少ない。ただ番号は表示されるが、知らない電話番号。よって基本的に受信しないようにしている。あるいは留守番電話設定で、内容を確認する。

大概、押し売り関係の電話だ。内容は、リフォーム、買取が多い。彼らの相手をするのは時間の無駄と思っている人は多い。いい加減に、彼らも、あくどいビジネスをあきらめるべきだ。また、これらのビジネスに、お金に釣られて安易に加担している無知な人もいるようだが、参加は止めた方がいい。

それにしても、詐欺行為は昔からあるものの、変な世の中になったものだ。そんなことにエネルギーを投じる暇があるのなら、その労力を、まともなビジネスに一生懸命になった方がいい。その方が世の中に貢献できると思うのだが。

|

« 餅花の記憶 | トップページ | 姫路の市街地商業施設を考える »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66212418

この記事へのトラックバック一覧です: 多過ぎる怪しい電話:

« 餅花の記憶 | トップページ | 姫路の市街地商業施設を考える »