« 『平家物語』を通読 | トップページ | 刎頸(ふんけい)の友 »

2017年12月18日 (月)

美味しい丸はぎ

割と季節に関係なく食する丸はぎだが、今の季節は、より美味しい。価格も手ごろだし、身も結構付いている。若い時から、比較的よく食する魚だが、白魚では、がしらより身が多く、好きな魚だ。

本日、魚売り場を覗くと、たくさん並んでいた。身の大きいもの、中くらいのもの、小さいもの様々だ。とりあえず中くらいのものを入手。いつものように、水と酒、醤油で煮るだけ。新鮮な魚は、それで十分美味しくできる。付け合わせは、蕪蒸しにした。

新米の御飯も美味しい。食べられる幸せ。

*追記

ネットで検索してみると、出汁やみりん、砂糖で調味している例もあるが、そんなことをしたら、魚本来の味を失ってしまう。みりんや砂糖を使うのは、古い魚を誤魔化すために使うもの。現在は、日本のどこでも、新鮮な魚が入手可能。新鮮な魚であれば、水と酒と醤油で煮るだけで十分。やったことのない方も試してもらいたい。

|

« 『平家物語』を通読 | トップページ | 刎頸(ふんけい)の友 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66173632

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい丸はぎ:

« 『平家物語』を通読 | トップページ | 刎頸(ふんけい)の友 »