« 姫路に「官兵衛神社」建立へ | トップページ | 求められる夜の「コト」消費の場~姫路 »

2018年1月24日 (水)

1月27日(土)姫路市立城郭研究室セミナー案内

最近、文化財を観光旅行者が非常識に汚すケースが出ているが、文化財は、皆で守る必要がある。それには、旅行者も含めて皆の意識を更に高める必要がある。

姫路市立城郭研究室では、2018年1月27日(土)13時30分より15時まで、セミナーを催す。テーマは「昭和初期における文化財と映画のかかわり~姫路城ろの門爆破事故を例に~」。

昭和初期に作られた時代劇映画では、小道具や背景として、江戸時代以前に作られた茶器や駕籠、鎧、寺社、城郭のような実物の資料や建築が使われていた。そのため破損や汚損、紛失といった被害が多かった。

講演では、当時の映画撮影時における文化財や景観の利用について、時代考証との関わりや国宝保存法などの法制度を踏まえて、昭和12年3月に発生した姫路城「ろ」の門爆破事故を中心に紹介する。講師は、川崎市市民ミュージアム学芸員の渡邊祐太氏。

会場は、日本城郭研究センター2階大会議室。定員は180名。事前申込不要。交通は、姫路駅より神姫バス「野里門」下車すぐ。

|

« 姫路に「官兵衛神社」建立へ | トップページ | 求められる夜の「コト」消費の場~姫路 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66316801

この記事へのトラックバック一覧です: 1月27日(土)姫路市立城郭研究室セミナー案内:

« 姫路に「官兵衛神社」建立へ | トップページ | 求められる夜の「コト」消費の場~姫路 »