« ミカン類の収穫 2018 | トップページ | 部下の信頼が高かった大野治長 »

2018年1月18日 (木)

菅茶山の漢詩「冬夜読書」を読む

寒い日が続いている。今日は少し暖かい。でも、また寒くなるだろう。しばらく、このような気候に慣れるしかない。冬は、夏より読書が進むとかと言えば、寒すぎると頭の方も凍える。そして暖房し過ぎると眠くなる(笑)。よって読書の方も、そんなに順調に進まないことになる。

さて、今回は、備後生まれ、すなわち現在の広島県福山市生まれの菅茶山(さざん、あるいはちゃざん)の漢詩を取り上げてみよう。彼は、豪農の家に生まれ、町の雰囲気を変えるには教育しかないと考え、19歳の時に、京都に遊学。

後に帰郷後、私塾黄葉夕陽村舎を設立する。やがて郷学として認められ、福山藩の簾塾になり、子弟の教育に努めた。門人に頼山陽等がいる。取り上げる漢詩は「冬夜読書」というもの。

冬は山堂を擁して樹影深し

檐鈴(えんれい)動かず夜沈々

閑に乱帙(らんちつ)を収めて疑義を思えば

一穂(いっすい)の青燈萬古の心

解釈としては次のようになるかもしれない。

「しんしんと降る雪は山堂をすっぽりと包みこみ、樹影が深く落ちている。軒にある風鈴も少しも動くことはない。そのように夜はひっそりして静まり返っている。乱雑に散らばっている書物を整理して、疑問点を洗いだす思索を続ければ、たった一本の灯でも、古来から伝わる智を開いて教育を広める大切さを改めて認識させる」ぐらいの感じ。

教育者としての気概を感じさせる漢詩だろう。流風には、とても教育者には、なれそうにありません(苦笑)。せいぜい反面教師かな(笑)。

|

« ミカン類の収穫 2018 | トップページ | 部下の信頼が高かった大野治長 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66290961

この記事へのトラックバック一覧です: 菅茶山の漢詩「冬夜読書」を読む:

« ミカン類の収穫 2018 | トップページ | 部下の信頼が高かった大野治長 »