« 播磨のプリンセス 2018 | トップページ | 臓器移植から臓器再生の時代へ »

2018年1月14日 (日)

商工中金の行方

政府系金融機関の商工中金の行方が注目されている。商工中金は、支店数も少なく、一般庶民には馴染みは少ないかもしれない。ただ、時期によっては、預金金利が市中銀行よりややいいので、好んで預ける人もいるようだ。今はネットでも預金できるし。

今回問題になっているのは不正融資が原因。特に経営支援すべき先でないのに、根拠もなく融資。それは市中金融機関で十分賄えることもあるし、現在のように資金が市場に充満しているので、政府系金融機関の出番がないことから発生したとも言える。

すなわち、その存在価値が問われていることになる。そいうことで民営化議論になるのだが、民営化して生き残れるほど、この業界は甘くない。官僚が天下りしたトップが経営運営できるとも思えない。

更に民営化してしまうと、景気が悪化して、どこの金融機関も融資を渋った場合、中小企業に支援できる金融機関が無くなってしまう。一部の学者や研究者の言うように単純に民営化して、片付く問題でもない。

理想を言えば、景気のいい時は、一旦休業して、職員はどこかに出向させ、景気が悪化すれば、再度業務を再開できるような「スーパープラン」があれば問題解決するが、これも簡単ではない。

結局、中小企業の経営者たちが、未来を見据えて、商工中金に、どれくらい重要性を感じ取るかということに尽きそうである。彼らが必要か不必要かを判断すべきで、学者等、第三者が判断してはならないだろう。

|

« 播磨のプリンセス 2018 | トップページ | 臓器移植から臓器再生の時代へ »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66275798

この記事へのトラックバック一覧です: 商工中金の行方:

« 播磨のプリンセス 2018 | トップページ | 臓器移植から臓器再生の時代へ »