« 姫路も氷点下 2018 | トップページ | インフルエンザの流行 2018 »

2018年1月27日 (土)

姫ちゃりで、姫路城景観周遊を

姫路城内を見て、それで満足されてしまう観光客の方は多いが、お城を外側から、ぐるっと見てみると、また違ったものが見える。そこで、年々利用者が増えている「姫ちゃり」だが、更に利用を楽しんでもらうため、2018年1月29日より、お城氏周辺の「景観周遊マップ」を配布する。

それを歩いてとなると、かなりの距離になるが、姫ちゃりを借りてだと、楽々周遊できる。寒い時期はともかく、春から秋にかけての時期は快適なはず。多くの方に楽しんでほしい。

「景観周遊マップ」にアクセスする「QRコード」をレイアウトしたステッカーが、姫ちゃりサイクルステーションの端末機や自転車のドレスガードに貼付され、スマートフォンから閲覧できるようにする。

コースは、姫路城周辺の「周遊コース」、「城西コース」、「城東コース」の三つ。所要時間は20分から40分程度としている。

それに伴い必要なのは、お城周辺の休憩所マップだろう。基本的に、お城観光は、飲み物等の持ち込みを想定しているが、コースにはお城の南側に販売店は偏っていて、あるところにはあるが、ないところにはない。急に飲み物が欲しくなっても、休憩施設が見つからないこともある。

また博物館内や美術館内の喫茶の利用もできるが、意外と知られていない。博物館や美術館を利用しないと利用できないと勘違いしている人もいる。またオープン時間も午前10時と遅く、姫路文学館にある喫茶のようにすべて9時オープンが望ましい。適切な休憩施設の運用変更と休憩所マップも準備してほしいものだ。

|

« 姫路も氷点下 2018 | トップページ | インフルエンザの流行 2018 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66326233

この記事へのトラックバック一覧です: 姫ちゃりで、姫路城景観周遊を:

« 姫路も氷点下 2018 | トップページ | インフルエンザの流行 2018 »