« 芸能人は公人か私人か | トップページ | 「2018 ミス揖保乃糸」募集始まる »

2018年2月10日 (土)

面白かった「舞うヴァイオリニストの音楽会」

本日、朝起きて、ふとテレビをつけると、『題名のない音楽会』を放送していた。放送時間が変更になって土曜日の早朝の放送だ。

今回のテーマが「舞うヴァイオリニストの音楽会」で、ヴァイオリニストの川井郁子さんが、派手な衣装をまとって、演奏しながら踊っているのは朝から刺激的だった。

それで目が覚めて(笑)、まじまじ視ていると、ダンサーの東山義久氏と踊りで絡みながら演奏。曲は、オペラ『カルメン』より「ハバネラ」と、ピアソラの「リベルタンゴ」。どちらも情熱的な音楽。

正統派の音楽家からすれば、異端とか邪道ということになろうが、本来、音楽は、人々を楽しませるもの。正座したり、正装して、聴くものばかりではないはず。

出雲の阿国やジプシー音楽と比較はできないが、「舞うヴァイオリニスト」のような試みは、大いに歓迎したい。

|

« 芸能人は公人か私人か | トップページ | 「2018 ミス揖保乃糸」募集始まる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66377109

この記事へのトラックバック一覧です: 面白かった「舞うヴァイオリニストの音楽会」:

« 芸能人は公人か私人か | トップページ | 「2018 ミス揖保乃糸」募集始まる »