« 民泊の怪しさ | トップページ | 姫路市立美術館『イメージを織る』展を観覧 »

2018年3月 3日 (土)

今年のイカナゴ漁は大丈夫?2018

イカナゴ漁の季節がやってきた。昨年は、不漁で、いろんな催しが中止になった。今年は大丈夫だろうか。神戸辺ではすでに始まっているようで、今年は昨年より漁の方は、いいようだ。播磨灘も期待できるかもしれない。

一応、予定では、妻鹿漁港にある、JFぼうぜの姫路とれとれ市場では、3月7日より21日まで(但し、10日、11日、18日、除く)、「イカナゴくぎ煮教室」を開く。受講料は、生イカナゴ代金と1㎏分の調味料等材料費500円。エプロン、手拭きタオル、持ち帰り用容器を持参する必要がある。

まあ、イカナゴは、くぎ煮にするのもいいけれど、釜揚げも美味しい。今年は、イカナゴ漁が大丈夫なことを期待したい。なお、とれとれ市場では、海産物の販売や飲食も楽しめる。観光旅行者の方も、この時期に限らず、気軽に寄ってみてはいかが。

*2018年3月4日追記

なお、大手前公園では、3月10日9時30分より「いかなご祭り」が催される。ただ生イカナゴの販売・試食は10時30分開始とのこと。無料配布・試食は無くなり次第終了。催し自体は13時までとしているが、早めに行った方がよさそう。

|

« 民泊の怪しさ | トップページ | 姫路市立美術館『イメージを織る』展を観覧 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66447884

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のイカナゴ漁は大丈夫?2018:

« 民泊の怪しさ | トップページ | 姫路市立美術館『イメージを織る』展を観覧 »