« 財務省の信認低下は日本の危機 | トップページ | 最低限の生活維持ということ »

2018年3月13日 (火)

問われる麻生氏の器

困難に直面した時に人間の本性が現れるとはよく言ったものだ。今回、財務省の文書改竄問題で、麻生太郎財務大臣は、辞めた国税庁長官の名前を盛んに挙げ、彼がやったことだと責任を全て、擦り付けようとしている。

麻生氏は、仮にも総理大臣も務めたことのある政治家。この程度の政治家であったと大きな失望を感じる。こんな人が国の要職に、いつまでも留まっていいのだろうか。最早、国民からも見放されようとしていることに気づかないのだろうか。

報道によると、某市会議員はすでに自民党を離党したという。麻生氏の辞任が遅れれば、自民党離れも加速すると思われる。

*追記

今回の財務省文書改竄問題では、いろんな発言を聞いていると、安倍政権を割と支持してきた若年層にも匙を投げられる事態になっている。今後、政界は大きな変化があるかもしれない。

|

« 財務省の信認低下は日本の危機 | トップページ | 最低限の生活維持ということ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66492545

この記事へのトラックバック一覧です: 問われる麻生氏の器:

« 財務省の信認低下は日本の危機 | トップページ | 最低限の生活維持ということ »