« 恩を返すということ | トップページ | 手紙の達人 »

2018年3月25日 (日)

日報を書くこと

現役時代、上司から日報を書くことをうるさく言われた。新人の頃は、仕事も定型で特に目新しいことはない。よって日報を書くのに苦労した。当日あったことを羅列的に書いていると、「お前は小学生か」と怒鳴られる始末。

要するに、何も考えずに仕事をしているのかという責めであった。そのように言われると、仕方なく新聞を読んだり、本を読んだことの感想を書いたり、一見、仕事とは関係のないことを記すのだが、それに対しては叱られることはなかった。

今、ブログで、とりとめのないことを記しているが、それで一応、日頃の考えは整理できる。日報にも、そのような効果があった。いろんなことに関心を向けると仕事に取り組む意欲も不思議と違ってくる。

後は、その日の行動予定と行動実績による反省。その次には週間予定と実績、月間予定と実績、年間計画と実績に連なっていく。これが習慣になると、仕事に対する取り組み方も少し進歩していたように思う。

|

« 恩を返すということ | トップページ | 手紙の達人 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66500327

この記事へのトラックバック一覧です: 日報を書くこと:

« 恩を返すということ | トップページ | 手紙の達人 »