« 姫路城を使って世界に発信を! | トップページ | 姫路の空襲慰霊塔に国から補助金 »

2018年3月 4日 (日)

若い人に迷惑な国民栄誉賞

国民栄誉賞は、どのような観点で選ばれているのか知らないが、文化勲章同様、仕事をやり終えた人に対するものであるべきだろう。すなわち現役を続行したい人たちには、むしろ迷惑そのもの。

ところが、最近若いスポーツ選手に国民栄誉賞を授与させる動きがある。すでに受賞した若い人もいる。そうすれば、周囲は、どう思うだろうか。栄誉を傷つけるようなものに参加させてはならないという配慮が働く。

ところが、彼らは大体、ピークを過ぎたかか、それに近い状態にあることも多いのだが、本人は、まだまだやれると思っている。そこに齟齬をきたす。最近レスリング界で起こっているスキャンダルも、そういう一面がある。

国民栄誉賞の授与は彼らが引退してからでも遅くない。政府は、今一度、国民栄誉賞を与えるタイミングの検討が必要だろう。

|

« 姫路城を使って世界に発信を! | トップページ | 姫路の空襲慰霊塔に国から補助金 »

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66455104

この記事へのトラックバック一覧です: 若い人に迷惑な国民栄誉賞:

« 姫路城を使って世界に発信を! | トップページ | 姫路の空襲慰霊塔に国から補助金 »