« 種々の春の花が開花 2018 | トップページ | 贈り物について »

2018年3月19日 (月)

『花を愛でる』展(三木美術館)を観覧

三木美術館で現在開催中の『花を愛でる』展を観覧してきた。今回は、3階と4階に合計25点、花を描いたものを中心に展示されていた。3階に展示されているものは個性が強いもの、4階に展示されているものは伝統的な絵画中心。

3階に展示されているものは好き好きであろう。4階の展示は伝統的手法で安心感はある。今回は借り物の東郷青児の作品2点も展示。現在、彼の作品展が各地で催されているようだが、観る価値は十分にある。

その他に工芸品として、陶磁器が28点展示されていた。また新たに「ギャラリー アートスペースmiki」が設けられており、5月から展示が始まるようだ。更に5月26日には、開館10周年イベントが開かれる。

|

« 種々の春の花が開花 2018 | トップページ | 贈り物について »

姫路と播磨」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66510483

この記事へのトラックバック一覧です: 『花を愛でる』展(三木美術館)を観覧:

« 種々の春の花が開花 2018 | トップページ | 贈り物について »