« 梅の開花 2018 | トップページ | 財務省の信認低下は日本の危機 »

2018年3月11日 (日)

書写山ロープウェイ新客車へ

姫路・書写山のロープウェイが60周年(1958年オープン)とのこと。そういうとロープウェイは、子供の頃からある。利用したのは数えるほどだが、夏は涼しいので、時々利用する。現在3代目で、今回、60周年ということで、新客車に更新するらしい。

新客車は、長さ約6メートル、幅約2.5メートル、高さ約3メートル。車体カラーは周辺とマッチするように、緑や黄色を基調とした。また窓面積を約2割拡大し、眺望を楽しめるようにした。

ただ、ガラスの耐久性を上げた結果、車体が重くなり、定員は従来の71名から65名に減らす。また車内では、英語のアナウンスも流す。

しばらく休止していた運転は、2018年3月18日に再開し、同日8時30分より記念イベントを開くという。まず記念乗車券として、マグネット乗車券を発行。但し、大人・子供共、それぞれ先着500名。また記念ノベルティとしてマグネットクリップが1000名にプレゼント。

更に、これに合わせて圓教寺では、摩尼殿内陣、六臂如意輪観音、四天王像が特別公開される。仏像ファンには逃せない。ただ、今の時期、平地と違って気温も低いと予想され、服装には注意が必要。

|

« 梅の開花 2018 | トップページ | 財務省の信認低下は日本の危機 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66474099

この記事へのトラックバック一覧です: 書写山ロープウェイ新客車へ:

« 梅の開花 2018 | トップページ | 財務省の信認低下は日本の危機 »