« 若い人に迷惑な国民栄誉賞 | トップページ | 仮想通貨の終焉? »

2018年3月 5日 (月)

姫路の空襲慰霊塔に国から補助金

報道によると、姫路市にある空襲犠牲者を追悼する国内唯一の施設「太平洋戦全国戦災都市空襲爆死没者慰霊塔」の式典運営費に国から初めて、補助金約1500万円拠出することになったという。補助金は、慰霊塔を管理する一般社団法人「太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会」に交付される。

この慰霊塔については、運営経費が赤字で法人財産も半減し、運営の継続が危うくなっていることを以前記した。姫路市長も強く懸念されて国に働きかけていた。一応、今回予算がついたが継続的なものかどうかは不明。今回の補助金は、式典運営費や啓発活動費に活用されるらしい。

ただ、これを機会に、将来的にも施設の改修費も含めて維持されるように、一般国民に対しても寄付をお願いして法人財政を確固たるものにすることも求められる。

|

« 若い人に迷惑な国民栄誉賞 | トップページ | 仮想通貨の終焉? »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66454416

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路の空襲慰霊塔に国から補助金:

« 若い人に迷惑な国民栄誉賞 | トップページ | 仮想通貨の終焉? »