« 最低限の生活維持ということ | トップページ | 姫路城 さくらの大回廊 2018 »

2018年3月15日 (木)

一文惜しみの百知らず、ということ

昔から、一文惜しみの百知らず、という言葉がある。「百知らず」の部分は「百失い」という人もいる。一文は現代で言えば、10円とか20円の世界。それでも、若い時は手元にお金を持っていないと、わずかなお金さえ、無駄に思え、折角の購買や投資のチャンスを失ってしまうことがある。

逆に、少しばかりの欲に釣られて、買ったり投資して、大損する場合もある。チャンスというのは、結構いかがわしい面もある。それを見誤ると、大きな利益を受ける機会を失い、あるいは大損する。

要するに、チャンス・タイミングをいかに把握するか。これが結構難しい。それなりの経験と度胸がいる。概ね、経験だけを重視すると失敗する。運と言うと、そういう言葉は合理的でないと否定する向きもあるが、運をつかむのも成功の是非を握る。

よって、成功しても失敗しても、さらっと流す心持が求められる。

|

« 最低限の生活維持ということ | トップページ | 姫路城 さくらの大回廊 2018 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66485478

この記事へのトラックバック一覧です: 一文惜しみの百知らず、ということ:

« 最低限の生活維持ということ | トップページ | 姫路城 さくらの大回廊 2018 »