« 贈り物について | トップページ | 恩を返すということ »

2018年3月21日 (水)

エジソンは、「時計を見るな」と言ったが、、、

サービス残業をはじめとして、労働時間に関しては、様々な見方がある。定型業務と非定型業務では、労働時間のあり方も異なることも確かであろう。ただ、これは使用者側だけで決めるものでもないし、逆に労働側だけでも決められない。

そこには様々な事情が伴う。国としては、ある程度のガイドラインは示せても、絶対的な政策はありえない。そのことを現在の政府は勘違いしていると思う。それほどに労働政策は難しい。

さて、表題のようにエジソンは、「時計を見るな」と言っている。およそ学問や仕事をするのに、時計を見ていては極めることはできないと言うのだ。時計を気にしていては、集中力に欠けるようになるのは確かだ。

熱中するほど勉学や仕事に集中すれば、いずれ成果は出る。問題は、現在、よく言われる「ワーク・アンド・ライフバランス」だ。エジソンの言うことも分かるが、生活とのバランスを崩せば、長期的には仕事にも影響する。

ただ、時には物事に集中することも必要だ。わざとバランスを崩すことも求められる時があるかもしれない。しかしながら、それをずるずるとやってはいけないと思う。その判断を適切にする仕組みが必要だ。

|

« 贈り物について | トップページ | 恩を返すということ »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66505423

この記事へのトラックバック一覧です: エジソンは、「時計を見るな」と言ったが、、、:

« 贈り物について | トップページ | 恩を返すということ »