« 中国人は商売が達者 | トップページ | 雑草抜きと繁殖力の強い草たち »

2018年4月 4日 (水)

手柄山の桜を楽しむ 2018

姫路城周辺の桜も満開で美しいが、手柄山の桜も見事だということを聞いたので、行ってきた。子供時代も桜の咲く時期に行った記憶がないので、実質、初めて。

山陽電車手柄駅で降りて、西に行き、産業道路を渡って、まっすぐ行くと、川がある。そこを川沿いに、南に向かうと、桜並木が見られる。確かに本数は、それほど多いわけではないが、見事な景色。

次に、手柄山温室植物園に向かっていく。陸橋を渡り、桜並木を眺めながら坂を上ると、公園が見えてくる。だが、ここですぐには入園せずに、植物園の周囲をぐるりと歩くと、それまた違った桜並木の景観。

一周して園内に入る。入り口の近くにクリスマスローズが植えてあった。家のクリスマスローズは、今年は悲惨。きちんと保護していないから仕方ない。小さな花をどうにかこうにか咲かせている状態だ。

また入り口のドーム外には、「アジサイ」展が催されていた。家のアジサイはまだ咲いていないが、これまた美しい花々。そして、小温室と大温室を観覧。でも、今日は気温が高いので、温室といっても、あまり意味はない(笑)。ざっと観覧して終わり。

続いて、デッキテラスに出る。ここは休憩にもいい。前にロックガーデンがあり、景観もいい。ほっとする空間。それから外に出て、また陸橋を渡り、逆戻りして、北側に。そうすると、蝶の小径を過ぎ、更に歩いていく、また桜並木。

それをずっと過ぎて行くと、ロックガーデンに行き着く。そこでの桜の眺めも立派。そして、そこからは姫路市内を見渡せる。なかなかの景観だ。平日なので、いらっしゃったのは高齢層のみ。おしゃべりしながら、景観を楽しんでおられた。

今回は、花吹雪というところには、まだ行っていないが、ちらほらと花は散っていた。本当に、いい風情。ここは、旅行者の方にも、桜見物の穴場には違いない。是非、お薦め。でも、今週末まで保つかな。急げ(笑)。

|

« 中国人は商売が達者 | トップページ | 雑草抜きと繁殖力の強い草たち »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66572924

この記事へのトラックバック一覧です: 手柄山の桜を楽しむ 2018:

« 中国人は商売が達者 | トップページ | 雑草抜きと繁殖力の強い草たち »