« セクハラ禁止法の必要性 | トップページ | 牡丹咲く 2018 »

2018年4月19日 (木)

近畿圏で住みたい街一位になった姫路

報道で、住宅情報サイトが運営する「LIFULL(ライフル、東京)」がまとめたところによると、2018年の「(住宅を買って)住みたい街ランキング」で、姫路が近畿圏で1位になったとのこと。実は、2017年には、それまで9位とか10位であったのに、4位に急上昇していた。

同社によると、姫路城のグランドオープンで、以前より、観光客の増加で、経済や雇用が活気づいた結果と見ている。また利便性重視の都心一極集中で地価が高騰し、その影響で郊外に広がったようだ。更に姫路は、新幹線や新快速が止まるため、アクセスがよいことが人気に拍車をかけている。

住民や市外からの移住者によると、ほどほどの市街地の利便性と多くの自然が残されていることが支持されている。市政においてもバランスのよい政策が実施されている。ただ、公報がやや弱く、政策を浸透させる力が若干弱い。

その原因は「繰り返し」公報がなされていないことだろう。公報は、一度やっただけでは浸透しない。更に市外から人を呼び寄せるには、しつこいくらいの、きめ細かい政策の公報が望まれる。

現在のところ、「住みたい街」になったことが、人口増加に直接的につながっていない。しかしながら、播磨圏の核として経済を更に活性化させれば、必然的に人口増加地域になっていくだろう。そのためには、姫路が消費地として、様々な需要開発を更に行っていく必要がある。

|

« セクハラ禁止法の必要性 | トップページ | 牡丹咲く 2018 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66626898

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿圏で住みたい街一位になった姫路:

« セクハラ禁止法の必要性 | トップページ | 牡丹咲く 2018 »