« まだ政治家している稲田朋美氏 | トップページ | 姫路も「駅」を核にした開発 »

2018年4月11日 (水)

モテ期のハナズオウ

花の命は短いとは、よく言うけれど、桜もほぼ終わりかけ。自宅の花桃も源平桃、沈丁花も、あっという間に終わってしまった。今は、木瓜、ハナズオウ(ハナズホウとも)、ドウダンツツジ、ハナカイドウ、カリンが咲いている。今年植えた姫りんごも、可愛い花を咲かせている。

ところが、蜂たちが集まるのは、赤紫に咲くハナズオウのみ。大きいのから小さいものまで、いろんな蜂が集まっている。他の花々には見向きもしない感じ。ハナズオウのモテ期ということかもしれない。

普通、番茶も出花というように、それなりに、蜂が集まるものだが、見事なほど、ハナズオウに集中している。人にも、そういう時が誰でもあるかもしれない。あくまでも一時的なことだけれど。ハナズオウには勘違いして欲しくない(笑)。

*追記

このハナズオウは、父が植えていたものだが、小さいまま、元気がなかったので、私が植え替えたもの。土が合ったのか、年々、大きくなっている。一つの赤紫の花自体は小さいが、多く集まって咲くと、大袈裟にいうと壮観。でも、美しいのは、今の時期だけ。

|

« まだ政治家している稲田朋美氏 | トップページ | 姫路も「駅」を核にした開発 »

ガーデニング関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66597999

この記事へのトラックバック一覧です: モテ期のハナズオウ:

« まだ政治家している稲田朋美氏 | トップページ | 姫路も「駅」を核にした開発 »