« ドクダミの花の季節 2018 | トップページ | 久しぶりに好古園に行く 2018 »

2018年5月25日 (金)

カジノは徒花か

政府与党が熱心なカジノ法案。でも、カジノは長期的には経済に寄与しない。最初は、建築物の整備で、建設屋が潤うだけ。カジノ自体は、経済の波及効果もなく、単にお金を消費するだけ。基本的に、バクチの世界で、胴元が儲かり、参加者は潤うことはない。

よって、カジノを誘致した地域は、雰囲気も悪くなり、劣化するのは目に見えている。それに世界的に見て、カジノは、既に十分存在しており、日本でカジノをするメリットも特にない。そもそもバクチは、基本的に消費であり、新しい価値を生み出さない。

大体、経済がうまく回っていれば、カジノの発想はしないものだ。それが大阪を中心として、誘致しようとするのは、それほど経済が悪いからだ。あるいは、為政者に、新しい発想に乏しいと断言できる。

確かに、日本のように、高度成熟社会では、新しいビジネスシステムを生むのは簡単ではない。でも、ネタは、もっと他にあるはず。大きいものを打ち出そうとするから無理が来る。

サービス化社会では、規模の大きいビジネスより、こまごまとしたビジネスをいかに集積して、組み合わせるかに知恵を絞る必要がある。カジノ誘致は、徒(あだ)花になる可能性が大きい。そして、その地域は更に衰退するだろう。

|

« ドクダミの花の季節 2018 | トップページ | 久しぶりに好古園に行く 2018 »

文化・芸術」カテゴリの記事

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66757053

この記事へのトラックバック一覧です: カジノは徒花か:

« ドクダミの花の季節 2018 | トップページ | 久しぶりに好古園に行く 2018 »