« 久しぶりに大きな地震 2018 | トップページ | 謡曲『草子洗小町』を読む その三 »

2018年6月19日 (火)

謡曲『草子洗小町』を読む その二

それでは、具体的に、謡曲『草子洗小町』を読むとしよう。場面は、宮中の清涼殿における御歌合せの会。そこで、「水辺の草」という題で、大伴黒主が小野小町と歌を競うことに。

黒主は、とても、かなわぬ相手だと思い、悪いことと知りながら、小町の私邸に、もぐりこみ、彼女が作る歌を盗み聞き。そして、悪だくみ。万葉の草子に、この歌を書き込む。

  まかなくに 何を種とて 浮き草の

  波のうねうね 生い茂るらん

翌日、清涼殿では、柿本人麻呂と山辺赤人の影像を掛けた上で、天皇をはじめ、小町、黒主、貫之等男女の歌人が列席して、勝負が始まる。貫之が、小町の歌を詠みあげ、天皇が称賛される(*注)のに、黒主は、これは古歌だとクレーム。よくやるなあ。

*注

天皇は、なぜ、この歌に反応されて称賛されたのか。この歌の表面的な解釈は、「種を蒔いたわけでもないのに、何の種をもとにして、こんなにたくさんの浮き草を波の上に繁茂させているのやら」という、そんなに特別の歌ではない。

裏には、天皇家の繁栄を詠ったものとも言えるし、小町の私的な思いを表現したものとも捉えられる。また、小町がバイリンガル(古代朝鮮語)であったかは不明だが、この歌には、別の意味が込められており、天皇が察知したとも考えられる。残念ながら、その意味は不明だ。

次回に続く。

|

« 久しぶりに大きな地震 2018 | トップページ | 謡曲『草子洗小町』を読む その三 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66846007

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲『草子洗小町』を読む その二:

« 久しぶりに大きな地震 2018 | トップページ | 謡曲『草子洗小町』を読む その三 »