« 姫路みなと祭花火大会 2018案内 | トップページ | 大江匡衡の逸話 その二 »

2018年7月 4日 (水)

大江匡衡の逸話 その一

少し、大江匡衡の逸話について触れてみよう。変人の匡衡に対して、女官たちは、少しからかってやれと和琴を差し出し、「あなたは、博学だから、何でも知っておられると思いますから、これもお弾きになるでしょう。一つ聞かせてください」と言う。

匡衡が困るだろうと思っていたら、これに返事をせず、次の歌を返す。

おふさかの せきのあなたも まだみねば 

あづまのことも 知られざりけり

「おふさかの せき」は、「逢坂の関」。「こと」は、「事」と「琴」を掛けている。「あずま」は、「東」と「吾妻」を掛けている。解釈は、「逢坂の関も、越えてもいないのに、それより東のことも知りません」。裏解釈は、「どなたとも一線を超えて契りを結んでいないので、当然、我妻と言える人はいません」と。

これには、どの女官も返歌が返せず、当初の目論見が外れて、笑うこともかなわず、奧に引っ込んでしまったということだ。

現在でも、なかなか、このような返しをできる人は少ない。もちろん、いろんな世界で、インタビューしたこととは関係ないことを応えて、はぐらかす人はいる。それで笑いを取れる人、そうでない人。その評価は様々。結局、状況判断の是非ということになる。

|

« 姫路みなと祭花火大会 2018案内 | トップページ | 大江匡衡の逸話 その二 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66899202

この記事へのトラックバック一覧です: 大江匡衡の逸話 その一:

« 姫路みなと祭花火大会 2018案内 | トップページ | 大江匡衡の逸話 その二 »