« 大江匡衡の逸話 その二 | トップページ | 理解できない高級官僚の汚職 »

2018年7月 6日 (金)

大江匡衡の逸話 その三

この大江匡衡という人、学者ではあったが、上昇志向が強かった。それは道長への対応を見ても分かる。でも、思うようには、出世しなかったらしい。それで不満を漏らしていた。

ある時、大井川に行って、船に乗って上ったり下ったりして遊んだ。その時、歌を詠む。

かはふねに のりてこころの 行くときは

 しずめる身とも おぼえざりけり

「川舟に乗って、夢中になっている時は、(事故に遭って)身が沈んでしまうようなことも思わない」と。このような時は、務めの憂さも晴れると。

ついでに記せば、北宋の詩人・蘇軾の、ある詩(*注)に次のような言葉がある。

与可が竹を画くとき

竹を見るが人を見ない

豈(あに)、人を見ないどころか

嗒然として其の身を忘れる

(後略)

すなわち、「与可という人が絵を描く時は、竹を見るが、人は全く見ていない。いや、人を見ないどころか、我を忘れている」といった意味だろう。人間、物事に集中していると、世間のごちゃごちゃも一時忘れてしまう。そして、そういった時の方が、いい仕事ができる。

これは宮仕えにしろ、サラリーマンでも同じ。雑念を取り去った時、本当の仕事ができるのだ。でも、大江匡衡は、生涯、雑念を追い払うことができなかったという。家名を上げることに熱心であったことは分かるが、少し残念で哀しい。どこかの国の問題を起こした高級官僚に似てますなあ。

*注

蘇軾 「晁補之所蔵の与可の画ける竹に書す」

(このテーマの記事は、一応、今回で終了)

|

« 大江匡衡の逸話 その二 | トップページ | 理解できない高級官僚の汚職 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/66905815

この記事へのトラックバック一覧です: 大江匡衡の逸話 その三:

« 大江匡衡の逸話 その二 | トップページ | 理解できない高級官僚の汚職 »