« 昔の人の治水の知恵の再評価 | トップページ | 鄭板橋の漢詩『偶然の作』を読む »

2018年8月 5日 (日)

スダチの季節 2018

毎日、本当に嫌になるくらい暑い。出かけても、すぐ涼しいところに入りたくなる。これなら、自宅に居るのと同じ(苦笑)。でも、若い人は、比較的多く、街中に出かけている。年寄りは、ほとんど見かけない。年齢の差は大きい。若い人も過信してほしくないけれど。

さて、雑草が生い茂る中、スダチの木を見てみると、たくさん実をつけていた。この木は、母が植えたもの。毎年、たくさんの実をつける。だが、自宅で消費するのには限界がある。いつも余ってしまう。

結局、黄色くなるまで放置して、完熟した実をレモン代わりに使用することが多い。まるでユズ状態。未だ、スダチとユズの違いは分からずじまい。スダチも放置すれば、ユズくらいの大きさになる。

味もそんなに変わらない。所詮、ミカン類の同類なのだ。まあ、それはそれとして、今年は、どのように食するか。サンマも高いし。茶碗蒸しに使っても、そんなに量はいらないし。今年も、やはり放置するのだろう(笑)。

|

« 昔の人の治水の知恵の再評価 | トップページ | 鄭板橋の漢詩『偶然の作』を読む »

ガーデニング関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67022663

この記事へのトラックバック一覧です: スダチの季節 2018:

« 昔の人の治水の知恵の再評価 | トップページ | 鄭板橋の漢詩『偶然の作』を読む »