« 『宗竺居士家訓』を読む その三~勤倹努力 | トップページ | 『宗竺居士家訓』を読む その四~同族のルール »

2018年8月25日 (土)

魅力薄れる「報道ステーション」

朝日の「報道ステーション」の、割とはっきり言う傾向のある某女性アナウンサーが9月末で降板するらしい。最近は、メインキャスターの男性アナウンサーのレベルが低く、その発言にトンガリもキレもない。それで、最近は、魅力もないので、あまり視聴していなかった。

しかし、時々視て、某女性アナウンサーのキレのあるコメントには、多少なりとも共感していた。彼女は、帰国子女らしく、論理的にはっきり自分の意見を言うタイプ。確かに、流風も現役時代、帰国子女とのやりとりは、なかなか難しかった記憶がある。

男性のキャスターも、彼女とのやりとりに苦労したのかもしれない。しかしながら。報道という立場では、彼女のようなタイプが必要だ。むしろ、男性キャスターを降ろして、彼女をメインキャスターにすべきだったと思うが、局の判断は違ったようだ。

更に、過去に不倫で問題を起こした女性アナウンサーを再活用するらしい。女性は、そういうことを、よく記憶している。そうでなくても、この番組は、もう誰も視ないかもしれない。近い将来、番組の再編で消えていくかも。

*追記

元テレビ朝日アナウンサーが、体操協会の塚原夫妻を擁護する発言を、「報道ステーション」でも、やっていたが、大変違和感がある。他のテレビ朝日の番組でも、彼女は出演して、塚原夫妻を擁護し、他の出演者も、それに同調していた。テレビ朝日は大丈夫か。誤りを誤りと報道できないなら、彼らの存在価値はない。

|

« 『宗竺居士家訓』を読む その三~勤倹努力 | トップページ | 『宗竺居士家訓』を読む その四~同族のルール »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魅力薄れる「報道ステーション」:

« 『宗竺居士家訓』を読む その三~勤倹努力 | トップページ | 『宗竺居士家訓』を読む その四~同族のルール »