« 阪神は球団を早く売却すべし | トップページ | 2018 全国酒まつり in 姫路城の案内 »

2018年9月21日 (金)

ポスト安倍は大変!

自民党総裁選は終わって、安倍氏が三選された。まあ、これは選挙前から分かっていたこと。むしろ石破氏の善戦が、もう次の総裁選が始まっていると言える。すなわち、安倍政権のレームダック後の戦いが始まったことが善戦の根拠だ。

だが、安倍氏を継ぐ、次の総裁は誰がなっても大変だ。安倍政権で成功したのは観光政策のみ。他は外交、金融政策、経済政策共に失敗している。今は、それが表面化していないだけだ。いずれ安倍政権が、ばら撒いた各種政策が全て裏目に出て表面化する。

つまり、一見、美味しそうな政策に、いろんな矛盾が出て、行き詰る可能性がある。当面、政権は、それを糊塗して覆い隠そうとする。多分、政権を握っている間は、そうするだろう。

結局、割を食うのは、安倍後継の政権だ。相当の覚悟がないと、安倍後継は、難しい政権運営になるだろう。それはまず、外交に現れる。現代において、「単国」外交に、ほとんど意味はない。それを勘違いしている。全体設計のないまま、外交を推し進めたが、外交実績が上がっていないことが、国民の前に明らかにされるだろう。

また病を抱えている安倍首相は、ストレス発散のために、外遊を繰り返した。そもそも首相という地位を考えれば、安易な外遊は避けなければならない。まだ日本は一応、大国なのだ。

彼が行けば、相手国に期待させてしまう。外遊する以上、手土産は必要だ。本来、外相レベルで、いいものに首相が口を出して、いろんな負担を抱える。これは国益に反する。いずれ、「手形」を各国に乱発したことが、繰り返して要求されるだろう。

次に日本銀行とタイアップして、大型金融緩和をしたことだ。これは輸出企業に円安をプレゼントするため。あるいは円安にして、大企業の持つ海外金融資産を膨らませるもの。企業も企業だ。いい加減、株価第一主義を止めるべきだ。かつてのように雇用中心主義戻さねばならない。

それにしても、日本銀行の金融政策で世界の為替を動かせると期待したのだ。明らかに日本銀行の過大評価だ。日銀総裁の驕りというものだ。彼と組んだ安倍政権も悪い。

これで輸出企業の景気はよくなり、国内も超低金利で活発化したというが、前者は、米国景気がトランプ効果でよくなったことが原因であり、後者は、景気の先食いをしたに過ぎない。いずれ金融緩和政策の大きな反動が来る。

これらを考えると、ポスト安倍は、いろんな尻拭いもしなければならないし、各方面から攻撃を受ける。相当のずぶとい神経の持ち主でないと務まらない。誰が貧乏くじを引いて、生贄になるのだろうか。

|

« 阪神は球団を早く売却すべし | トップページ | 2018 全国酒まつり in 姫路城の案内 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスト安倍は大変!:

« 阪神は球団を早く売却すべし | トップページ | 2018 全国酒まつり in 姫路城の案内 »