« 怪しいモノに投資する人たち | トップページ | 2018年の中秋の名月 »

2018年9月 6日 (木)

心の愛より

時々、視るバラエティーで、タレントが、呑み屋街に繰り出し、そこにいる男たちに、妻に対して「愛してる」と言うように伝えると、大抵の男は抵抗する。「そんなことは日頃言ったことはない」、「そんなこと、とても言えない」等々。

日本の男は、西洋の男と違って、日常的に口に出して「愛してる」とは言わない。実は、本当は言ってもいいと思っているが、長年の習慣で、言い慣れていない。日本男子独特の照れだ。

ところが、番組では、なんだかんだと理由をつけて、タレントが言わせようとして、一人の男性を抽出。そして、しぶしぶ、スマホを取り出し、妻に電話して、恥ずかしそうに「愛してる」と言うと、音声だけなのだが、大抵、妻の方も一瞬びっくりするが、声が弾んで嬉しそうにしている。

そして、番組を明らかにして、妻の方はどうなのかと聞くと、こちらも大抵、渋々だが「愛してるわよ」と返って来る。でも、その声は嬉しそうだ。これらのケースは、日頃の結婚生活状態がいいのかもしれないが、女性は、常々「愛してる」と言われたいようだ。

*追記

そういうと、スティービー・ワンダーの『心の愛』も、「アイ・ラブ・ユー」を歌っていたような。また聴きたくなった。

|

« 怪しいモノに投資する人たち | トップページ | 2018年の中秋の名月 »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67136214

この記事へのトラックバック一覧です: 心の愛より:

« 怪しいモノに投資する人たち | トップページ | 2018年の中秋の名月 »