« 為替の動向 2018 | トップページ | 憲法改正以前に為すべきこと »

2018年9月16日 (日)

『韓非子』の問題点

拙ブログても、『韓非子』の話題は時々、取り上げてきた。彼の思考は緻密で、隙が無い。まさに論破の連続である。だが、彼は嫌われてきたのは、なぜか。

確かに、彼の意見は論理的だ。多くの問題で、いろんなことを喝破している。ところが、人々を説得する場合、それでは不十分。一体、何が足りないのか。

それは彼の理論が左脳的ということのようだ。多くの場合、状況判断は無視されて、こちらに偏りすぎている。よって、政治家の人たちが、韓非子理論をそのまま援用すると、必ず失敗する。あるいは一時的に成功しても、人の心は離れていく。

理屈は分かりやすいが、人間社会は、それだけでは動かない。やはり「情」の部分は無視できない。拙ブログで、度々記してきたように、情理バランスが大切である。特に、若い方は、『韓非子』の読み方には注意が必要である。

|

« 為替の動向 2018 | トップページ | 憲法改正以前に為すべきこと »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67174271

この記事へのトラックバック一覧です: 『韓非子』の問題点:

« 為替の動向 2018 | トップページ | 憲法改正以前に為すべきこと »