« 端唄「とんとん唐がらし」と健康 | トップページ | 戦中・戦後の不明なこと~『昭和の怪物 七つの謎』 »

2018年10月29日 (月)

姫路城関連ニュース 2018年11月分

姫路城関連ニュース 2018年11月分をお伝えします。随時更新。姫路市書写の里・美術工芸館及び埋蔵文化財センターの催しも含めます。また姫路城の催しの詳しい案内は、ネットで「姫路城便覧」を参考にしてください。なお、催しの選択は個人の嗜好です。

●大手前公園で、恒例の「姫路全国陶器市」が10月31日より始まる。今年は、壊した小鉢や、小さい皿で、いいものがあれば購入予定。11月4日まで。

●姫路城三の丸広場で、姫路城菊花展が開催中。11月9日まで。

●姫路城三の丸広場で、11月10日、11日の両日、「人間将棋 姫路の陣」が催される。2015年以降、毎年、催されているもの。雨天時は、会場を白鷺小中学校体育館に変更する。

また11月10日には、イーグレひめじ・あいめっせホールで、全国将棋サミットが開催される。午後2時から6時まで。観覧は無料。

●11月11日(日)、「2018年 こころの祭 姫路」が市内35か所で開かれる。市内のお寺の秘宝公開や個人宅で工芸や音楽が披露される。ガイドマップを観光案内所等で入手して行ってみると、意外な発見があるかも。10時から16時まで。

●11月17日と18日の両日、「ひめじ花と緑のガーデンフェア」が大手前公園で開かれる。これは「ひめじ植木市」がリニューアルしたもの。10時から16時まで。

●11月16日から18日まで、書寫山圓教寺では、恒例の「書寫山もみじまつり」が催される。時間は、10時から20時まで。詳しいことは、ホームページで。

●11月18日、「名古山霊苑スタンプラリーと仏舎利塔ヨガ体験」が催される。9時から12時まで。スタンプラリーは約2km。記念品あり。先着150名。当日受付。雨天時はヨガのみ。

●兵庫県立歴史博物館では、「スケッチでたどる近代兵庫のあゆみ」が開催中。スケッチ作者・沢田伸さんによるもの。観覧無料。11月25日まで。

●11月16日より、イルミネーションイベント2018として、「姫路城 光の庭」が催される。時間は18時より21時まで。12月2日まで。

●11月23日より25日まで、大手前公園で、恒例の「姫路食博2018」が催される。県内のご当地グルメが集結。時間は10時から17時まで。

●兵庫県立歴史博物館では、特別展として「ほろよい ひょうご~酒と人の文化史~」が開催中。酒にまつわる、様々な庶民文化を紹介する。播磨には、古代から酒造りにゆかりのある地域があり、有数の酒蔵もある。更に兵庫県下に目をやると、神戸・灘の酒を含め、もっと多くの酒蔵がある。11月25日まで。

●11月25日(日)、姫路キャスパホールで、「第18回姫路ビデオ映像芸術祭」が開かれる。開場13時。開演13時30分。映像13作品。入場無料。

|

« 端唄「とんとん唐がらし」と健康 | トップページ | 戦中・戦後の不明なこと~『昭和の怪物 七つの謎』 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/67323900

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城関連ニュース 2018年11月分:

« 端唄「とんとん唐がらし」と健康 | トップページ | 戦中・戦後の不明なこと~『昭和の怪物 七つの謎』 »